区分マンションの分譲駐車場とはどういうことかご説明します。

区分マンションの分譲駐車場とは

分譲駐車場とは

その名の通り、駐車場が分譲されているということです。

通常、駐車場は区分所有者全員で所有し、駐車場を使う所有者や入居者に貸し出され、その駐車場代は管理組合の収入となります。

満車の場合は、申し込み順で空きが出るのを待つことになります。

 

分譲駐車場とは、区分マンション販売時に先着順などで、部屋とセットで売り出される駐車場です。

1台分あたり数百万円で売り出され、マンション購入者の希望により区分マンションとセットで販売されます。

分譲駐車場付きの区分マンションが売買される場合も、マンションと駐車場のセットで売買されます。

たとえるなら、お墓の永代利用権みたなものでしょうかね。

規約によっては、分譲駐車場を他の区分所有者に売買することも可能です。

 

ちなみに、管理組合は分譲駐車場からは駐車場収入を得ることができません。

珍しいシステムでもあり、違和感もあると思います。

不公平感から管理組合内で揉めることが多く、裁判で争われたことも数度ありますが、今のところ、いづれも分譲駐車場を認める判決が出ています。

 

なぜ分譲駐車場ができるのか

新築マンションをデベロッパーが建設・販売する段階では、まだ区分所有者による管理組合が結成されていないので、管理規約はデベロッパーがよしなにつくります。

分譲駐車場についても当然管理規約に規定します。

分譲駐車場を設定する目的は、マンションの売りやすさということだと考えます。

1戸に1つの駐車場がもれなく分譲されておればよいかもしれませんが、敷地の関係でそうではないケースが多いです。

その場合、半分を分譲駐車場、半分を通常の賃貸駐車場などとします。

  

個人的には 分譲駐車場というのは変なシステムだと思います。

分譲といっても敷地の所有権はない場合が多く駐車場敷地の登記はできないケースが多いと思います。

その場合、駐車場の土地分の固定資産税は分譲駐車場所有者ではなく、利用できない区分所有者も含めた全員で按分して払っていることになります。

少し違和感がありますよね。

 

分譲駐車場付きの物件は、駐車場が確保されているので売りやすいですね。

逆に分譲駐車場なしの物件は、賃貸駐車場が少なければ、なかなか回ってこないので、物件を売るときに、少し売れにくいかもしれませんね。

あるいは、買手が買ったあとで、実際の賃貸駐車場の少なさに気づき、なかなか順番が回ってこないことを知るケースもあるかもしれませんね。

近隣に駐車場がなければ、非常に大事なポイントになります。

  

分譲駐車場の注意点

駐車場の形態もマンションの管理規約に規定されていますので、マンション購入の際は規約をよく確認すべきです。

デベロッパーが、まだ見ぬ管理組合 すなわち区分所有者の総意に関係なく、分譲駐車場なるものを設定して、マンションの敷地である土地の一部の永代使用権を売ってしまうところに違和感を感じます。

しかし今のところ、これをふせぎようがないので、各購入者が規約を確認し、分譲駐車場を買うにせよ買わないにせよ、納得した上でマンションを購入するしかないと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました


不動産ブログランキングへ