不動産初心者の方には馴染みがない言葉かと思いますが、不動産投資のオーナーチェンジについて意味と特徴をご説明します

オーナーチェンジとは

わたしも不動産投資というものを知ったときに、「マンションを買って、入居者を探すのは、手間暇かかる投資だな」と思いました。

でもオーナーチェンジの物件というのがあります。

簡単に言うと、入居者さんが住んでいる状態で不動産の所有権を売買するということです。

売買契約をして物件代金をお支払いをした日から家賃が発生します。

日割りで清算します。

だから買った後に入居者を探す必要がないのです。

室内が見れない

そのかわり室内を見ることはできません。

設備表があればまだよいですが、設備表がない場合もあります。

エアコンとかがどちらの所有かわかりません。

入居者さんが自分でつけたといえば、入居者さんの所有物とわかります。

原状がわかりませんので、退去のときも、ある程度言われるがままになります。

完璧を求めすぎると、築古は買えないので、設備表がないことは許容するようにしています。

  

物件価格に影響

ワンルームなどの収益マンションの場合、オーナーチェンジの方が高く売られます。

投資家が買うケースがほとんどなので、オーナーチェンジの方が、入居者を探す必要がなく、すぐに収益が発生するからです。

実際に住む方も買うファミリー向けのマンションの場合、オーナーチェンジの方が、安い場合が多いです。

直ぐに住めない、いつから住めるかわからないからです。

このあたりの具体的なことは他の記事に書いていますので、ご覧ください。

 

どのくらい住んでもらえそうか

入居者さんの属性くらいは教えてもらえることが多いです。

学生さんか社会人かとか、年代とか、何年くらいすんでいるとかですね。

退去しそうかどうかは ある程度察することができます。

当たるも八卦当たらぬも八卦ですが。

なお、契約後、物件引き渡し前に退去連絡があった場合、オーナーチェンジではなくなりますが、これはやむを得ないので、これでは契約を取り消せないことがおおいです。

オーナーチェンジはおまけみたいなものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらもどうぞ☟


不動産ブログランキングへ