福岡県で中古区分マンション投資をしています。

2020年上半期は、コロナもあって、物件を買うことはできませんでした。

福岡市に2戸と、北九州市に2戸の 合計4部屋を所有しているだけなので、超小規模です。

入居状況

2~4号物件は ずっと継続入居いただいています。

1号物件は2度入退去があって、今は賃貸中。

1度目の空室期間は1月まるまるの1か月間で、

2度目は7月でしたが、1週間で埋まりました。

1度目は敷金、礼金ゼロで募集していたのですが、入居者さんが夫婦別居のための賃貸(!)ということでしたので、すぐに退去になりそうな予感がしたので、「2年未満の退去は違約金2か月」の条件付きで契約させて頂きました。

そして予想通り わずか半年で退去。。

2度目の入居者さんがすぐに見つかったので、さっきの違約金と合わせて8月、9月はダブルで家賃をもらっている格好になりました。

敷金、礼金をゼロにする場合は、せめて違約金をつけないと、マンスリーマンション感覚で退去される可能性がありますね。

この経験後は設定を見直し、敷金ゼロ、礼金1か月(入居の広告費に充当)、そして2年以内の退去は違約金としています。 

クレームなど

4室とも、クレームやご相談などは一切なく、静かなマンション経営でした。

ちなみに4室のうち2室は自主管理をしています。

1室は入退去に合わせて、こちらで作成した賃貸契約書で契約して、自主管理。

国交省のHPに標準的なものがあり、誰でもダウンロードできますので、これをベースにしました。

もう1室は、オーナーチェンジで購入時に、契約書はそのまま引き継いで、自主管理にしています。

収支

地味なのですが、4戸合計で、毎月19万円の家賃を頂き、そこから4万円を返済、4万円の管理費を払い、毎月11万円の収入(手残り)を得ています。

各部屋の明細は「1年目の収支」の記事をご覧ください。

  

以上、はずかしながら、サラリーマンが小さく始めたマンション経営のご紹介でした。

なお、物件はいろんな観点を吟味して買っていますので、どんな物件を買ってもこうなるわけではありませんので、ご注意を。

   

ちなみにこのブログの収支はゼロですww

マンション投資を始めようとする方が失敗しないよう、何かご参考になればうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。