マンションを買う場合に、契約直前に重要事項説明を受けます。

契約書に記載されること以外にも、物件に関する規制や状況なども記載された重要事項説明書を宅建士が説明してくれます。

管理に関わる重要事項調査報告書や管理規約などを予め入手して目を通して居れば、目新しい情報は少ないかもしれませんが、初めて知る情報が含まれている事も多いです。

重要事項説明のときに、受け入れにくいことを聞かされることもあるかもしれません。

契約直前に、契約を踏みとどまるのも悪い気もするかもしれませんが、買えないものは買えないと断るしかありません。

売主さんが物件を購入した時に受けた重要事項説明書がもしあるなら、事前に見せてもらうように依頼しています。

ただ、なかなかこれを送付いただけることは少ないです。

なので、不動産屋さんに「お互いのために、致命的な重大事項があるなら先に言っておいてね」と、言うようにしています。

 

そして重説を受ける前の日にはメールしてもらって、事前に目を通すようにしています。

わたしの場合は、関連書類を事前に確認しているので、重説で思いもかけないことを聞かされて契約をやめたことはありませんが、

あまり関連書類を事前に確認せず買う方は、重説でびっくりということもあるかもしれませんね。

そんな場合は、「こうとは知らなかったので、悪いですが、買わないことにします。」とか、「こんなことなら、もう少し値引きしてもらわないと困る」とか丁重に、毅然たる態度でお話ししてください。

不安や疑問をかかえたままの雰囲気で高額のマンションを買わないようにご注意ください。