賃貸管理を自主管理でされる大家さんもおられると思います。

わたしも、空室時には入居付けだけを不動産会社にお願いして、なるべく自主管理をしています。

賃貸契約書はこちらで用意して、不動産会社経由で貸主と借主がサインして、その後の集金などは自分で管理するというわけです。

賃貸管理を委託しない自主管理の入居付けの場合は つめが大切だと思い知る経験がありました。。

  

1か月半前に入居頂いた入居者さんから、家賃が振り込まれないので連絡したところ、なんと賃貸契約書の控えが届いていないので、家賃の振込先がわからなかったとのことでした。。。

はんこを押した契約書は、入居に間に合うように 1月半前に速達で不動産会社に送っていたのに、不動産会社がそれと入居者に渡していないとは。。。

そして、さらにカギの交換も お金を払ったのに、まだしてもらっていないとのことでした。

新しいカギは1月半前に不動産会社に宅急便で送っていたのに。。。

すぐに不動産会社(大手の賃貸不動産会社)に電話したところ、忘れていたとのこと。。。

仲介手数料さえもらえば、そのあとの仕事のことなど、忘れちゃうんですね。。情けないです。

不動産業界、よい不動産会社もあることはあるのですが、どうも ずさんな会社が結構多い気がします。

 

今回は幸い入居者さんが丁寧でしっかりしてる方だったのが救いでした。

不動産会社には ひととおりクレームし、カギの交換の際には手土産でも持っていくように 言っておきました。

わたしも、今後は最後まで確認しようと思います

カギの交換をいつする予定か決まったら連絡をもらい、交換が終わったら連絡をもらうようにしましたので、最後までフォローして行きたいと思います。

とくに自主管理をする方は、不動産会社にとっては旨味のない商売になるので、ずさんになりがちでしょうから、気をつけてください。

愚痴っぽくなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

何か参考になれば幸いです。