2か月くらい前に申し込みを入れた近隣県の中古区分マンションの確認書類が揃ったので、現地に物件を見に行きました。

片道2時間くらいかかるので、購入申込み後、ある程度書類を取り寄せてもらって、可能性がありそうだったら、現地を見に行くスタイルです

取り寄せた総会議事録で、修繕積立金の徴収額がUPすることが決まっていることが判明していました。

(最初から広告に書いておいてくれればよいけど。。)

現地の物件は写真の印象よりも、少し古いタイプのデザインに感じられましたが、キチンと建物管理されており、運営も良さそうな状態だと思いました。

ついでに近隣の不動産会社を3社訪問し、物件の入居の付きやすさや、相場家賃をお聞きしました。

もし購入できれば、今回は自主管理するつもりですが、すこし遠いので、将来、賃貸管理を委託するかもしれないので、管理費についてももお聞きしました。

そして、近くをぶらっとして、レストランで名産品を食べて、帰宅。

今回の結論は

広告されていた修繕積立金で収益計算していたところが、UPするので、さらにもう一段階指し値することにしました。

指し値が通れば購入します。

通らなければ、縁がなかったと あきらめるつもりです。

現在の賃貸管理委託契約が、古い契約で、転貸とも代理ともつかない書きぶりなので(貸主が所有者名でなく業者名)、

この管理委託契約を解除する前提と不履行時の違約金を売買契約に織り込んで契約し、入居者さんとも賃貸契約書を巻きなおすことにしますので、面倒でもあるためです。

ややこしいことは また今度書きますが、

まずは 追い指し値が通るかどうかです。

立派に契約できれば、福岡のどの近隣県のどの都市だったか発表したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。