ようやく覚悟を決めて、宅建試験の自己採点をしました。

結果は36点。

ギリギリセーフか、ギリギリアウトだと思います。

権利関係   10点 /14点

法令上の制限 6点 / 8点

宅建業法    14点 / 20点

税その他    6点 / 8点

合計      36点 / 50点   でした。

宅建業法のひっかけ問題に結構引っかかってしまいましたが、

権利関係でねばりの解答をすることができました。

 

もしダメなら 来年また受けますが、12月の合格発表までに知識をごっそり忘れないように、競売不動産取扱主任者という民間資格の受験申し込みをしました。

宅建業法ではなく、民事執行法と民事保全法という法律によるようですが、扱う対象が不動産なので、なかなか興味深い資格だと思いますし、試験勉強ロスを おぎなうことができます。

競売は戸建てだけでなく、区分マンションの競売もあります。

資格試験の申し込みは10月末までです。

もしご興味のあるかたは お急ぎください。

宅建の結果発表は12月2日までお待ちください!

最後までお読みいただきありがとうございました。