サラリーマンのかたが 会社を休んだり、抜けたりせずに 不動産投資をする方法を書きます。

わたしもサラリーマンですが、この方法で4つの物件を購入しました。

銀行は週末に

地域や銀行によって異なると思いますが、週末に融資相談窓口をあけている銀行があります。

付き合いのある不動産屋さんの中に、その銀行を紹介できるところがあれば、紹介してもらうようにします。

最初が肝心で、紹介なく押しかけるよりも、紹介してもらった方がスムーズです。

私の場合、融資の相談や、事前審査、申し込み、ローンの契約などは すべて週末に実施しています。

決済(引き渡し)は妻に代行を

不動産の売買契約をしたら、残代金を払って引き渡しをうける決済がありますが、さすがにこれは平日です。

(支払い手続きや登記手続きの関係で、週末にすることはありえないです。)

ただし、事前に相談して、しっかり準備をしておくと、妻に代行することが可能です。

わたしは 全て妻に代行してもらいました。

ポイントは

委任状は必要

・買主(自分)の身分証明書を持たせる。(免許証とかマイナンバーカード)

・もしもの場合に 自分が銀行に駆けつけられる距離感

引き渡しは午前に行われることが多いので、11時からとかにしておいてもらえば、何かあれば昼休みも利用して かけつけることも可能ですね。

ただ、代行をしてもしなくても、準備不足で決済ができないとなると、集まって頂いた方々(売主、不動産屋さん、司法書士さん、銀行のご担当者)に大変ご迷惑ですし、最悪の場合 買主責任で、手付解除のようなことにもなりかねないので、

しっかり準備、根回しして 対応する必要があります。

一度経験すれば、同じ銀行、不動産屋さん、司法書士さんであれば、次からは

やりやすくなると思いますが、それでも くれぐれも慎重に。

 

最後にこれらを実現するためには、家族の理解と協力が大切ですね

お読みいただきありがとうございました。