わたしもこれまでにパチスロや競艇、麻雀などのギャンブルを楽しんできました。

パチスロは20年くらい前にやめました。

今はボートレースを女子戦にしぼって 1レース数百円程度で 遊んでいます。

よく言われるように、ギャンブルは遊びの範囲で節度を持って楽しむことが大切です。

しかし、これを実践するのはなかなか難しく、負けを取り返そうと大きく賭けて負けたり、時には勝つが結局負けたりして、生活に支障をきたす方もおられます。

お金は捨てたつもりで

夢のない話ですが、ギャンブルで稼ごうとか思わないことです。

わたしは競艇を、ひとつのレジャー代という気分で、捨てたつもりで、捨てて良い金額で楽しんでいます。

捨てたのだから、取り返そうとも思わない範囲です

捨てすぎると長く楽しめないので、いくら負けたかは把握しながら、それでも取り返そうと思えないように、方法を考えながら楽しんでいます。

とかく当たった分も賭けて、最後に失うのが よくあるパターンですので、それでは意味もないですから、当たったときには何かを買ったり、美味しいものを食べたりするようにしています。

当たったからと言って 賭ける額を増やしたりしません。

逆に、負けても取り返そうと思わないので、賭ける額を増やしたりもしません。

わたしは これを書いている 今もボートレースの女子戦を見ています。

ボートレースの迫力、展開、読みが、スポーツとして面白いと感じています。

大負けせずに長く楽しめる方法で取り組んでいます。

今後、節度をもってギャンブルと楽しく付き合う方法についても、書いていきますので、よければ またご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。