1棟を買おうか区分を買おうか迷った時期がありました。

1棟と区分のリスク

 1棟は、価格を戸数でわって1戸あたりの価格を、区分の価格と比較して評価するようにしています。

 普段区分の価格ばかり見ているので、1棟の1億とか大きな価格をみると感覚が麻痺してしまうからです。

 一般に、区分はリスクが小さいがリターンも小さいと言われ、1棟はリスクが大きいがリターンも大きいと言われます。

1棟物を1つだけもっているときのリスクが大きいと思います。

2棟もてばよいかもしれませんが、今のところ自分の堅実めの人生設計にあわないと思います。

修繕積立金の違い

区分の場合の修繕積立金は戻ってこないので経費として計上できます。

1棟の場合、修繕のために大家さんが蓄えておくお金は経費にはならず、税引き後のお金をためておくことになるようです。

区分と違って、1棟の場合 ある程度貯まったお金を修繕費として蓄えておかないと安心できません。

区分は老朽化して管理が行き届かなくなったり、修繕積立金不足になると、エレベーターがとまったり、外壁が落ちて近づけなくなるなどの問題がおこりえます。

築古区分の場合、土地評価額が高ければ建替えを視野に入れても大丈夫だと思います

わたしの結論=築古めの区分マンション

建物管理費が安く、修繕積立金をしっかりためていて、土地評価額が悪くない築古めの区分を買い進めることにしました。


不動産ブログランキングへ