不動産投資にはいろいろな考え方があります。

人それぞれ、人生設計と てらしあわせて考える必要があります。

目的は何か? いつメリットをとりたいか?

新築は買った瞬間から物件価格が落ち、築年数が進むにつれて、落ち幅が小さくなっていきます。

築25年くらいになると 物件価格は 収束し、落ちにくくなると言われています。

築浅は高額なので、ローンを完済するまで長く持つ覚悟が必要です。

私は40代なので、老後のための投資なら 築浅でもOKです。

しかし、わたしは 将来のためではなく、今のためにマンション投資をしているので、価格が下がりにくい築古を選ぶことになります。

築古を買う場合は、出口戦略(いつ頃売るか、売れそうか)を考えねばなりません。

売るに売れない場合、年代によっては相続で苦労する負動産になってしまいます。

わたしは 管理状態がよい築古め(築20~30年代)で 表面利回り10%以上の物件を探しています


不動産ブログランキングへ