不動産投資の手順をご説明しておきます。

①物件探し~ 購入申込書提出

気に入った物件があれば、不動産屋さんに まだ売れていないか確認。

現地を確認し、気に入れば購入申込書を提出。

②書類確認~購入意思表示

以前の記事でご紹介した必要書類を確認し、よければ購入する旨を不動産屋さんに回答。

③融資の事前審査(ローンの場合)

銀行に物件資料や、年収、資産などがわかる資料を持参し、事前相談、事前審査に行きます。

④売買契約、火災保険申し込み

事前審査に通れば その旨を不動産屋さんに連絡し、重要事項説明を受け、問題なければ売買契約を締結します。

あわせて火災保険に加入申し込みもします。

⑤融資の申し込み、ローンの契約(金消契約)

銀行でローンの申し込みと、契約をします。

⑥引き渡し

だいたい銀行の会議室を借りて行います。

まずローンの金額が銀行から振り込まれます。

売主に契約金額を振込み、売主が着金確認をしたら、司法書士が所有権の移転登記を行います。

⑦賃貸管理会社との管理委託契約

管理を管理会社に委託する場合は、その委託契約を締結します。

注意

しっかりした気が利く不動産屋さんなら、初めてでも前もって説明して導いてもらえます。

売りっぱなしの不動産屋さんなら、物件を売ることだけしか気にしません。

火災保険や、管理委託契約などは、こちらから言わない限り 気にしてくれません。

前広に準備し、契約書、重要事項説明書などは事前に取り寄せて確認しておいてから、契約にのぞんだほうがよいです。

お読みいただきありがとうございました。


不動産ブログランキングへ